7月です♪

明日から7月ですね
ということは、上半期過ぎたのですね~~~~~

明日から新しい動きです。
テーマは
「お腹ひっこめ大作戦」です
ききますよ~~~☆

凹みますよ===☆

汗かきますよーーーーー☆

水分をしっかり取ってくださいね
できたら
近日発売の
「お茶の常識を超えた、天然スポーツドリンク」
☆☆☆ スポーティー+K ☆☆☆
贅沢11種類のハーブ
美肌・美ボディー目指す方へのお茶です

では今日は、門馬先生講座の続きで
<<<使っていいもの>>>
・鉄やステンレスの調理器具・・表面加工してないもの
・無添加ポリエチレンラップ・・くっつき悪いが、付着させる物質をつかってないので安全
・台所用・洗濯石鹸または重層・・洗浄力は洗濯洗剤とほぼ変わらず、安全で環境破壊もしない。重層は簡単 でカスも残らない
・無添加せっけんシャンプー・・頭皮を守り、薄毛にもよい
・無添加リンスまたはクエン酸
・天然染料ヘナ・・茶色に染めたい時は天然染料のヘナ。他の色ならヒアカラーよりヘアマニュキュアの方が  安全性が高い
などなど・・・

基準は人間が永い歴史の中で使ってきたもので安全性が確認されたものであること。
化学物質で加工した便利な物は安全性を充分確かめる習慣をつけると良いですね
[PR]

by styleexerk | 2013-06-30 22:17

夏は太る

今週は私のつぶやきということで・・・・

気をつけないと夏の方が太りやすく
冬の方が痩せやすいです

それは人間が生きていく為に備えている機能です。

36.4くらいが良い体温と言われています。
低体温は癌になりやすいと言われています
低体温の方も体温を上げることはできます。
  「筋肉」です
筋肉は発熱装置です。筋肉量を増やせばいいのです

冬は
外気が低いので身体は体温を上げようと自然と発熱します。
するとカロリーを使います。

でも夏は
外気が熱いのでできるだけ体温上げないようにします
カロリーを使わない

ということは、冬はほっておいても消費カロリーが増えるんですね

でも夏場は暑くて食欲がなくなります

で、体重が落ちて夏は痩せる~☆と喜んでしまいますが、
それは恐ろしいことに「太る体質」を作っているのです!!

そして秋になり「食べ始める」と
夏,
食べなくてやせたので、身体は今度 栄養入ってきたら
「貯めよう」と蓄積するのです。
そう「脂肪」として溜めてしますのです

だから秋に太るのです~~~

そのために夏はたとえ食欲がなくて「食べれなくても」いいのです!!
筋肉量を落とさないようにしてください

それには蛋白を摂取
充分な水分を取りながらの運動
そして睡眠を充分に摂れば
秋も怖くないです
[PR]

by styleexerk | 2013-06-22 11:31

食べない方が良いもの

今週は【食べない方が良いもの】のご紹介ですが、
これはあくまで、ダイエットや美容に関しての参考意見なので、
個人差やいろんな考え方はあります。
ある一例として参考にしてくださいね。

☆白米・・栄養素のほとんどを含む「糠」を取り除いた白米は糖質のみでバランスが悪い

☆市販の果物・野菜ジュース・・ポストハーベスト農薬に注意

☆肉・卵・・成長ホルモン剤・抗生剤などを与えて育つと農薬残留量は野菜の8~200倍

☆遺伝子組み換え食品・・安全性の問題

☆白砂糖・・血を酸性にし身体を冷やす

☆食塩・・精製した食塩は体内のミネラルバランスを崩す

☆200度以上で調理する油

☆マーガリン・・体内で代謝されにくく心臓疾患やアトピーの原因のトランス脂肪酸を含む

☆缶コーヒー・缶ビール・・ビスフェノールAという毒素が溶け出している

☆ポーションミルク・・トランス脂肪酸を含む

☆市販のポテトチップス・・発がん性物質のアクリルアミドが含まれる

☆市販の弁当・外食(添加物のはいったもの)・・くず肉を集めた成形肉や糖分、塩分過剰な味付け、油や熱で発がん性物質が溶け出すプラスチック容器など危険がいっぱい

☆酒類・・特に日本酒・ワインには添加物が多い

以上は自然療法、自然治癒力を高め健康で若々しく太りづら
くそして、、、、
脳の活性化のための参考をしてくださいね
[PR]

by styleexerk | 2013-06-16 21:23

食べて良いもの・食べないほうが良いもの

今回は食べても良いものを書きますね

【食べて良いもの】

玄米(無農薬・有機)・・理想的あn栄養食。腸内環境整える

穀物(無農薬・有機)・・ビタミン・ミネラルの宝庫

野菜(無農薬・有機)・・癌・糖尿病などの慢性病には大根・人参・牛蒡・レンコンなど根野菜を中心に

果実(無農薬・有機)・・ビタミン・酵素の宝庫 食物繊維がおおいので整腸作用

豆類(無農薬・有機・遺伝子組み換え不使用)・・繊維・たんぱく質豊富。小豆・黒豆は解毒作用

豆腐・豆乳(有機素材・遺伝子組み換え不使用)・・良質のたんぱく質・高脂血症・高血圧・癌・骨粗鬆症を防止

味噌・醬油(有機素材・遺伝子組み換え不使用)・・酵素が豊富

発酵食品・・納豆・甘酒・ぬか漬け・ノニジュースなどの発酵食品は栄養素が吸収されやすく腸内善玉菌を増やす。ただし納豆のたれ・市販のぬか漬け、キムチには添加物が多いので注意

小魚・・カルシウム豊富

海草・・癌予防にいいフコダイン・ミネラル豊富

きのこ・・免疫力UP、制癌作用

自然塩・岩塩・・自然の皆らるを含んでいるので、体内ミネラルバランスを壊さない

黒糖・・自然のミネラルを含む甘味料は体を冷やさない

自然のだし・・天然のうま味成分は塩分控えめに役立つ

参考にしてくださいね

次週予告は【食べないほうが良いもの】
[PR]

by styleexerk | 2013-06-10 21:59

主食は玄米

ダイエットにもIQ200児を作るのも基本食事が大切です

できれば自然治癒力を高める食事が良いです

☆主食は玄米が基本  
   私は100%玄米です。家族が白米でも私は玄米です。
   一度に焚いて小分けにしまいます。
   お通じは良くなるし、肌調子は良くなるし、栄養素沢山あるし、
   玄米食べてると、悪いもの食べても玄米が守ってくれるようで安心できます

  糠の中にはフィチン酸・IP6や抗がん作用のある成分が含まれています。
  炭水化物・粗蛋白・粗脂肪・ビタミンB1・B2・B6・E・ナイアシン・パントテン酸
  ・プロビタミンC・コリン・リノール酸・各種ミネラル・酵素など沢山含まれています。
  いわゆる抗酸化作用が抜群何です。

玄米が苦手な方には「肥満予防健康協会」の「米ぬかサプリ」をお勧めします
低価格出し。安心食材です。

某有名女優がいつまでも若く手綺麗なのは、「米ぬか」を毎日食べ続けているからだそうです

そして、朝食の摂り方としては
朝目覚めたら
1水を飲む(コップ1~2杯)
2歯磨き
3太陽を見る
4朝食

この起きてから15分は空腹を楽しんでください

若返り・痩せホルモンである成長ホルモンは
この空腹の時にも分泌されます
ただし空腹が長時間になると今度は栄養の吸収が良くなり太りやすくなります
このバランスを考えてくださいね

また、朝食には酵素たっぷりの朝食をお勧めします
私は山芋・ヨーグルト・りんご・ブロッコリー・米ぬかサプリ・牛乳です
そして玄米に卵かけご飯☆

皆さまも是非玄米を☆
[PR]

by styleexerk | 2013-06-02 22:44