<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

水分の摂り方

熱くなると水分を摂る機会も多くなりますね。
でも以外と知らない水分の摂り方。
今日はまず基本的な事をおさらい。

運動時はこまめに水分を摂る方がいいです。そうですね10~15分おきに口に含む程度に
「ぜ~ぜ~」言ってから摂るのでは、血液がドロドロになります。

そう水分は体内の水分量60~70%を補うためと、血液をドロドロにしないために大切と考えれば、簡単かも。
血液をさらさらにしておけば、代謝もあがりやすいので、ダイエットにもつながります。
水分の質に関しては長くなるので今日は、やめておきますね。以前にも書いたことがあったかな~?

まず朝起きたらコップ一杯の水
そして一日1~1.5Lの水分補給
最後就寝二時間前一杯の水

まずこれを覚えていてくださいね。

人間は呼吸にも水分が含まれています。自然と一日2.5Lほどの水分を体内から発しています。これを不感蒸泄といいます。
食べ物から1~1.5L摂れるで、あと1~1.5Lを意識的に補給するといいですね。
就寝前の水分は2時間前が、ベスト
睡眠中は胃の働きが低下するため寝る直前はかえって胃の負担になりかねない。
身体が活動している状態で飲んでおけば、胃の働きも活発なので、水分の吸収と有効活用がスムーズです。
アルコールを飲んだ時は、アルコール分解のために多くの水分を必要とするので、いつもより多めに水分を摂ることをお勧め。

では、この夏潤いのある人で過ごしてくださいね☆
[PR]

by styleexerk | 2010-04-26 08:50

お酒の飲み方

太らないお酒の飲み方

ノミュニケーションや家での晩酌が太る要因になっているお思っている人いませんか?
これはアルコールがいけないのではありません。
アルコールが太る要因ではなく
1.おつまみが高カロりー
2.だらだら遅い時間まで食べ続ける

からなのよ☆

この二点を改善するだけでも、太るのは回避できます。

アルコール好きの人よかったね☆
工夫次第ってこと☆

ではどんなおつまみ?
 枝豆・冷ややっこ・カルパッチョ・もろきゅう・お漬物・スティック野菜・ナッツ・スルメ・ビーフジャーキなど・・・
いわゆる脂質・糖質が少なく良質のタンパク質・酵素をとる。なかでもL-カルニチンが含まれているものがよい。それは脂肪代謝をUPする燃焼系の成分が含まれているのから。
 枝豆は脂肪の合成を抑制してくれる。そして生ものは酵素が含まれている。
こんなふうにおつまみを考えさえすればいいのよ☆
そして何でもそうだけど、食べ過ぎない!!寝る3時間前に食べ終わる!!

後ひとつは、水とアルコールを交互に飲むといいかも
アルコールを肝臓で分解するときに水を必要とするの、なのでアルコールを飲んだ後は汁物のラーメンが食べたくなったり、のどが渇いたりするの。
水分を適度に補充してあげれば、脱水症状を防ぎ血液の循環をよくしてアルコール代謝を速やかにしてくれます。

アルコールをやめないといけないのではなく、
少しの工夫よ☆


今日から上手に飲んで下さいね☆
[PR]

by styleexerk | 2010-04-18 18:23

晩御飯の摂り方

夜は「吸収と蓄積の時間帯」
太らないための食べ方は
「なるべく早い時間に、軽めの食事にする」です

でもこれが難し

では・・・・・
夕食の摂り方のコツ
①昼食が魚なら、夕食は肉にし、主食が重ならない
②夕食で魚と肉を同時に食べない・span>・・・1種類の消化酵素が働いているときは他の消化酵素の働きが弱くなるから、肉を消化していると魚の消化酵素の働きが鈍くなるり脂肪として蓄えやすくなるから
③食事の時間は20分以上掛ける・・・満腹中枢を刺激するには20分程度かかる
④食べる順番を考える  1.サラダや発酵食品・・・・身体に酵素と食物繊維を取り入れる
                2.汁物・・・代謝を高める
                3.主菜・主食(ご飯は摂るが控えめに)
               
そう・・何回も聞いているように基本的なことなんです。
夜は少し食べる内容と時間を考えるのが大切です。

もう少し効率をよくする知識として積極的に食べたい物
①糖の吸収を穏やかにする食品

  海藻類・大豆・枝豆・納豆・おから・雑穀米・玄米・きのこ類・根菜類・イモ類・柑橘類・酢などです
②身体を温めて代謝を促す食品
  羊肉・牛肉・馬肉・鮭・たら・ホタテ・アンコウ・生姜・ニンニク・イモ類・りんご・梨・七味・胡椒・シナモンなどdす

これを頭の片隅に置いておき、たまに思い出してくださいね。
夏まであと三カ月!!

少し気をつけるだけで、いいのなら実践あるのみ!!

目標を達成しましょうね☆
[PR]

by styleexerk | 2010-04-10 23:23

昼食の摂り方

午後は「代謝と燃焼の時間帯」
食事で摂った栄養を効率よく燃やせる時だからこそ、量と質を充実させるのが太らないコツ
太る原因は「身体を燃やすために必要な栄養素が不足している」場合が多いの

まず外食が多い人も
・同じ店ばかりに行かず中華・和食・イタリアンなどローテーションする。
・たまにさしみやお寿司のように生魚を食べてオメガ3系の油を摂り乱れた代謝を取り戻す
・昼こそ肉を食べたい。豚か牛に含まれるL-カルニチンは脂肪燃焼UP。出来れば原型のわかる肉がいい
ミンチは避けたい
・揚げ物にはレモンを絞り、余分な油が体脂肪に変わるのを防ごう
・食べる順番は生野菜・発酵食品から
・和食の場合 漬物・小鉢→味噌汁→主菜→ごはん
・洋食の場合 サラダ→スープ→メイン→パン・ライス
・必ず炭水化物を摂って
この食べ方は糖や脂肪の吸収を穏やかにし、代謝と燃焼孤立を高め満腹感をもたらす食べかたです。

太らない食べ方の達人になるにはもう少し☆

次は晩御飯の摂りかたを伝授☆
[PR]

by styleexerk | 2010-04-03 21:09